無料【ネタバレ】無視せざるを得ぬ町…っ!※巨乳の委員長のエロさに大興奮

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。

 

画像入りのネタバレ・あらすじ

私の彼氏って不器用で口下手で、でもすっごくまじめで私のことを大事にしてくれる人なんですね。

 

私は初めそのことがあまりわかっていなくて、彼を困らせてばかりいました。

 

好きになったのは私の方からだったって言うのもあったんですが、彼は付き合い始めてから私のことをほんとに好きになってくれていたのに、私が信じ切れなかったんです。

だから、何度も何度も気持ちを確認するような態度をとったり、情緒不安定な感じでした。

 

友だちにも何考えているかほんとわかんないって何度も相談したり、他の女性と歩いていると聞くだけで浮気を疑って勝手に泣いてみたりしました。

私の好き、はこんなに大きいのに彼にとっては大したことないんだ、告白された時にたまたま彼女とか好きな人がいなかったから私を受け入れただけなんだって思い込んでいたんです。

 

好きすぎるってほんとに何も相手のことをわからなくなってしまうんですね。

 

デートしててもエッチしててもどこかでずっと疑っていました。

 

私は彼氏としかエッチしたくないけど彼は彼女だからするんだよね。

 

そこに女がいるからやりたいと思ってこうやって抱くんでしょう?

 

みたいな感じでかなりこころがすさんでやさぐれていました。

 

でも、ある時ほんとに感情が爆発してしまって、別れればいいじゃん、好きでもないのに好きなふりするなとか罵ってしまって、初めて彼が感情を表したんです。

お前、俺のこと馬鹿にしてんのか、って。

 

俺が好きでもない女とやる男だって馬鹿にしてんのかってなみだをいっぱい溜めて言ったんです。

 

私、ほんとに知らなくて、彼と付き合い始めて初めてエッチするのが1か月もかかったことを、どうでもいい女からまあやってもいいかなって思えるまでにかかった日数だと思っていたんです。

実は彼、まったく気づかなかったけど童貞だったみたいで、大事な彼女過ぎて俺でいいのかって悩んでた期間だったんです。

 

私は、まさかの童貞とか全然気づいてなくて、彼もそういうの別に言う必要ないって思っていたって感じで言わなかったけど、あまりに私がわからずやだから言ったんだってうちあけてくれたんです。

 

これまでいい感じの雰囲気になる女性はいたけど、エッチするまでの気持ちにならなかったからしなかったけど、お前は好きだったからしたんだって言われて、泣けちゃいました。

 

これからはもっともっと彼氏のことを大事にしなきゃって思えました。

ほんとにびっくりした告白でした。

 

【無視せざるを得ぬ町…っ!】
作者・まろん☆まろん

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。